Scope

pixDiff ver.1

2枚の画像を、画面で比較するためのソフトウェアです画像ファイルにレタッチやフィルタリング、圧縮などの処理を施した後で、その効果を視覚的に比べる ために開発されたツールです。

■ファイルの選択と表示
2枚の画 像ファイルを選択します。画像が読み込まれ、画面に表示されます。下の形 で切り替えながら、画像の差 異を目視で確認できます。表示モードは、メニューからの選択、マウス左クリック、またF5キーで切 り替えることができます。

カラー・ モード(フル・カラー→赤チャンネルのみ→緑→青)は、メニューからの選 択、また、F4キーによって切り替えられます。



1 枚目の画像を表示。マウスクリックで切り替え 2 枚目の画像を表示 ワ イパーを上下に移動しながら比較
ワ イパーを左右に移動しながら比較 スコープの中に1枚目を表示し、移動させながら比較 ス コープの中に2枚目を表示し、移動させ ながら比較

画面を上下に分割し、両方を表示 画面を左右に分割す、両方を表示
そ れぞれのモードで赤チャンネルのみを表 示 緑 チャンネルのみを表 示 青 チャンネルのみを表 示
■画面の使い方
画面右の一番上には、インデックス画像が表示され、どの部分 を拡大しているかが 示されています。
画面右の中央には、二つの画像の特性を現すヒストグラムと相 関図が表示されま す。このグラフ上で、マウス左クリックと、表示される項目が下記のように替わります:

* 1枚目→2枚目のの画像のヒストグラム
* 赤→緑→青チャンネルのヒストグラムの比較
* 赤→緑→青チャンネルの相関図

グラフ上で右クリックしてメニューから選択することも可能。
画面右の下には、以下の各種データが表形式で表示されます:

* 画像ファイル名一覧
* 画像の特性値
* 画像の統計値
* プログラムがサポートする画像フォーマット一覧
* OpenGLリソース(ハードウェア情報)

表示する情報は、表の上で右クリックして現れるメニュー、または、メイン画面のメニュー、『データ』か ら選択できます。
各コ ントロールは、メイン・ウィンドーから放して、見やすい位置に移動したり、 必要ないものは閉じておくこともできます。メイン・メニューの『コントロール』から表示のオン、オフを切り替え可能。
■その他の操作
シークエンスの選択。画像ファイル二つの代わりに、画像ファ イ ルの入った二つのディレクトリーを選択することもできます。この場合、二つのディレクトリー入っている画像ファイルが、 ファイル名でソートされ、順に表示されます。

このとき、画面右下の画像リストには二つのディレクトリーにあるファイル一覧が示されており、表の上でダブル・クリック することで、その画像のペアを表示することができます。

『フレーム』メニューから、『次 へ』、『前へ』か、ツールバーの矢印キーによって 前後の画像ペアに移ることができます。


ファイル・エクスプローラーから二つの画像ファイル、または二 つのディレクトリーを選択し、pixDiffの画 面にドラッグ・アンド・ドロップすることで、ファイル、または、シーク エンスの表示を開始します。
■画面の操作
画像が表示されている状態で、メニュー、ツールバー、マウス、キーボードよ り、下記の操作を 行うことができます。

スクロー ル。画像上で、マウス右ボタンを押し下げながら移動、また、キーボードの 数字12346789で 表示範囲を移動。

拡大。画像上で、マウス・ホイー ルを回転させるか、『+』キーで表示範囲を拡大。


縮小。画像上で、マウス・ホー ルを回転させるか、『-』キーで表示範囲を縮小。

 
『5』 キーで画像全体を表示。


『0』、 『Home』キーで実寸(1:1)表示。


F11 キーで画像部分をフルスクリーン表示。もう一度、F11を押すと元に戻りま す。


F4キー。画像の比較モードを切り替え。


F3キー。カラー表示モード(RGB→赤→緑→青チャンネル)を切り替え。


環境設定 画面を表示。

■その他
画像フォーマット:pixDiffは 画像の読み込みにImageMagickのライブラリ Magick++を使用しています。200種類以上のフォー マットに対応しています。

pixDiffは、Windowsで動作するフリーソフトウェアです。本 ソフトウェアは無償で配布していますが、著作権はPixel Topography Groupに属しています。ソフトウェア本体やドキュメント類を無断で使用、転載、掲載することはご遠慮ください。 本ソフトウェアを使用したことによって生じたいかなる損害についても作者は責任を負わないものとします。

開発者
Pixel Topography Group
ウェブサイト:http://hikari.sourceforge.jp/
連絡先:pixtopo@gmail.com

ソース・コード

本ソフトウェアの開発に当たり、下記のソフトウェア、ライブラリー使用しています:
  • Magick++ - ソフトウェア・スイートImageMagick開 発者用APIライブラリー[ImageMagick Studio LLC]
  • Qt - ユーザー・インタフェース開発用フレームワーク[digia]
■ダウンロード
SourceForgeの サイトより、最新版のmsiファイルを入手できます

■開発履歴
・2014年6月13日 1.17 一般公開開始 



PixTOPOの 部屋に戻る