開発記録

■謝辞−Acknowledgments■
PixTOPOの画面をJPEG形式の画像で保存するため『Intel JPEG Library』を使用しています。これは、Intel社よリ無償で提供されているライブラリーです。
PixTOPOは投影変換など一部にJEEPSライブラリーの関数を使用しています。JEEPSはGPS関連分野におけるソフトウェア開発のためにAlan Bleasbyさんによって作られたC言語ライブラリーであり、パブリック・ドメインとして公開されています。ソース・ファイルとドキュメント一式はJEEPS←このFTPサイトなどで入手るすることができます。
参考文献
開発に当たって参考にした本。プログラミング関係のテキスト類は除きます。
[1]野村正七、『地図投影法』、財団法人日本地図センター、1983年
[2]吉沢 孝和、服部 秀人、『建設技術者のための実用測量学』、山海堂、1994年
[3]Alfred Leick, GPS Satellite Surveying, 2nd Edition, John Wiley & Sons, Inc., 1990
 ■問合せ先■
PixTOPOは『Pixel Topography Group』が開発し、インターネット上で配布しているフリーソフトです。このソフトに関するご質問、ご意見は下記までメールにてお願いします。

本ソフトウェアは無償で配布していますが、著作権は『Pixel Topography Group』に属しています。PixTOPOのソフトウェア本体を無断で転載・変更すること、また当ウェブサイトの内容などを転載・掲載などすることは禁止します。

当サイトへのリンク、ソフトウェアの転載、再配布などを行う場合は事前に下記までご連絡の上、許可を得てください。

PixTOPOによる出力結果は、作者『Pixel Topography Group』の能力の及ぶ限りにおいて投影された原データの位置的精度を保っていますが、データの正確さを保証することはできません。本ソフトを使用したことによって生じたいかなる損害についても作者は責任を負わないものとします。

Pixel Topography Group:www.pixtopo.com
メール・アドレス:pixtopo@pixtopo.com
■カスタマイズ業務など■
下記のような業務について承っています:
  • PixTOPOのカスタマイズ、
  • 特殊機能の追加、
  • 数値地図のデータ処理と変換作業、
  • 各種CG作成、
  • Visual C++を使ったその他のソフトウェア開発
お気軽にお問い合わせください。


PixTOPO