数値地図について

■数値地図データ■
PixTOPOで使用する数値地図データは(財)日本地図センターから発行されているもので誰でも購入することができます。
数値地図50mメッシュ(標高)−国土地理院発行の1/25000地形図を基図にして、等高線から求めたメッシュの中心点の標高値が収められたデジタル標高データです。2次メッシュの一区画(=1/25000地形図の一面)を緯度経度方向に200等分した各点の標高データが収められています。これは緯度1.5秒、経度2.25秒間隔にあたり、地形図上約2mm、地上実距離で約50mに相当します。日本全国が3枚のCD-ROMでカバーされています
数値地図250mメッシュ(標高)−国土地理院発行の1/25000地形図に描かれている等高線から求めたデジタル標高モデル(DEM)データです。2次メッシュを経度方向及び緯度方向に40等分各点の標高データが収められています。これは緯度7.5秒、経度11.25秒間隔にあたり、地形図上約10mm、地上実距離で約250mに相当します。一次メッシュ(1/200000地勢図単位)ごとのファイルに収められています。日本全国が一枚のCD-ROMでカバーされており、1枚のCD-ROMに全国分の250mメッシュと1kmメッシュ(標高)、および、1kmメッシュ(平均標高)が収められています。
数値地図25000(地図画像)−国土地理院の1/25000地形図をスキャナーで読み込んでTIFF形式の画像ファイルにしたもの。一次メッシュ(20万地勢図)の一区画ごとに一枚のCD-ROMとして販売されています。
数値地図200000(地図画像)」−国土地理院発行の20万地勢図を0.1mmピッチで数値化した画像データです。画像は、誰にでも容易に扱えるように、一般的な画像フォーマットであるTIFF形式データで収められ、8色に分かれているため各版ごとの表示が可能です。陰影図はJPEGG形式で別ファイルに収められています。全国が3枚のCD-ROMに分割されて収められています。
数値地図25000(地名・公共施設)−国土地理院発行の2万5千分1地形図に表示されている地名(約47万件)と官公庁等の公共施設(約10万件)が1枚のCD-ROMに収録されたデータです。地名については、読みや経緯度、所属する市町村名等がデータベース化されています。また、公共施設については、機関の名称や所在地、対象建物の緯経度等がデータベース化されています。
■その他の数値地図データ■
この他にも国土地理院から以下のようなデータが発売されています。
数値地図2500(空間データ基盤)−縮尺1/2500の都市計画基図から行政区域・海岸線、道路中心線、鉄道、内水面、建物、基準点等の項目をディジタル化したものです。
数値地図25000(空間データ基盤)−1/25000地形図に表示されている、道路中心線、鉄道中心線、河川中心線、水涯線、海岸線、行政界、基準点、地名、公共施設、標高の項目をデジタル化したデータです。
数値地図50000(地図画像)−国土地理院の1/50000地形図をスキャナーで読み込んでTIFF形式の画像ファイルにしたもの。おおむね1〜4都道府県の範囲が一枚のCD−ROMに収められて販売されており、(ただし、北海道は4枚)全国を30枚のCD-ROMでカバーしています。
数値地図25000(行政界・海岸線)1/25000地形図に描かれている行政界・海岸線をベクトル形式で数値化したものです。数値化したデータは、1/25000地形図の精度を保持しています。
数値地図200000(海岸線・行政界)−20万分1地勢図レベルの海岸線・行政界データとして取得したベクトルデータを編集したものです。数値地図25000(海岸線・行政界)に比べて点数が少なく、取り扱いやすいデータになっています。
数値地図10mメッシュ(火山標高)−1/5000、1/10000火山基本図に描かれている等高線を基にして作成した標高データです。図面を東西南北に、10m間隔で分割して得られる各方眼の中心の標高が記録されています。CD-ROM1枚に、代表的な13の火山のデータが収録されいます。
細密数値情報(10mメッシュ土地利用)三大都市圏における宅地利用動向調査で得られた10mメッシュの土地利用データと行政区域データが含まれています。
■数値地図データの購入■
PixTOPOで使用するものも含め。数値地図データは、(財)日本地図センターから購入することができます。詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。このウェブサイトでは各データのサンプルを見ることもできます。
(財)日本地図センター


PixTOPO