PixTOPOの地図投影法

■PixTOPOの地図投影■
PixTOPOは標高などのデータを公共測量座標系、またはユニバーサル横メルカトル図法のどちらかで表現します。
地形データの平面・立体表示やDXFファイルに出力する際の座標は,すべて現在選択されている投影法に変換されたものになります。
■UTM図法
UTM(ユニバーサル横メルカトル)図法では、西経180度の子午線から全世界を経度6度ごとに分けられたゾーンを設定します。座標はゾーン毎に緯度経度→ゾーン内XYに変換されます。ゾーンの座標原点はそれぞれの中央子午線上の赤道上に取られます。
日本領土は下のゾーンのいずれかに属しています。
ゾーン 中央子午線 範囲
51 東経123゚ 東経120 - 126゚
52 東経129゚ 東経126 - 132゚
53 東経135゚ 東経132 - 138゚
54 東経141゚ 東経138 - 144゚
55 東経147゚ 東経144 - 150゚
56 東経153゚ 東経150 - 156゚

UTM図法では計算上、中央子午線より西側のX座標値が負になってしまいます。これを避けるため、False Eastingと呼ばれる500000mのシフトを加えゾーン内でX座標が正になるように操作することがあり、PixTOPOの変換でもこの方式を採っています。

単一の地図がどのUTMゾーンに属するかは自明ではありますが、ふたつのゾーンにまたがる図郭をひとつのDXFファイルに出力するような場合、明示的にゾーンを選択すなければなりません。PixTOPOではこのため、UTM図法を選択した場合は下のようなツールから出力したいゾーンを同時に選んでもらうようになっています。


■公共測量座標系■
PixTOPO Ver.2.0では標高などのデータを平面直角座標系で表現します。
日本国内の公共測量では、日本全体を上の図のような19の地域に分け、各地域ごとに座標系が設けています。都道府県ごと(北海道と南西部諸島では地域ごと)は19の座標系のうちどれに属するかが決められています。
公共測量座標系は平面直角座標系とも呼ばれ、UTMと同じガウス・クリューゲル等角図法が用いられていますが、この投影法ではX軸(基準子午線)付近から離れるにつれ図形のゆがみが大きくなり、距離の誤差が拡大します。公共測量座標系では、上の図のような日本独自の原点を設けることでUTMよりも位置の誤差が少なくなるようにしており、ひとつの地域(座標系)内部では距離の精度が±1/10000以内に収まるように設定されています。
PixTOPOによる標高データの表示やフォーマット変換では、対象地域が属する測量座標系を作業の初めに指定する必要があります。対象地域がどの座標系に属するかは下の図と表を参考にして求めてください。

測量座標系 所属する都道府県・地域
I
  • 長崎県
  • 北方北緯32度-南方北緯27度-西方東経128度18分-東方東経130度を境界線とする区域内(奄美大島は東経130度13分までを含む)にある鹿児島県所属のすべての島-小島-環礁および岩礁を含む
II
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 第I系の区域内をのぞく鹿児島県
III
  • 山口県
  • 島根県
  • 広島県
IV
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県
V
  • 兵庫県
  • 岡山県
  • 鳥取県
VI
  • 京都府
  • 大阪府
  • 福井県
  • 滋賀県
  • 三重県
  • 奈良県
  • 和歌山県
VII
  • 石川県
  • 富山県
  • 岐阜県
  • 愛知県
VIII
  • 新潟県
  • 長野県
  • 山梨県
  • 静岡県
IX
  • 東京都(XIV系-XVIII系-および-XIX系に規定する区域を除く)
  • 福島県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 群馬県
  • 神奈川県
X
  • 青森県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 岩手県
  • 宮城県
XI
  • 小樽市
  • 函館市
  • 伊達市
  • 胆振支庁管内のうち有珠郡および虻田郡
  • 檜山支庁管内
  • 後志支庁管内
  • 渡島支庁管内
XII
  • 札幌市
  • 旭川市
  • 稚内市
  • 留萌市
  • 美唄市
  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 苫小牧市
  • 室蘭市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 芦別市
  • 赤平市
  • 三笠市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 江別市
  • 千歳市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 紋別市
  • 富良野市
  • 登別市
  • 恵庭市
  • 石狩支庁管内
  • 網走支庁管内のうち紋別郡
  • 上川支庁管内
  • 宗谷支庁管内
  • 日高支庁管内
  • 胆振支庁管内(有珠郡および虻田郡を除く)
  • 空知支庁管内
  • 留萌支庁管内
XIII
  • 北見市
  • 帯広市
  • 釧路市
  • 網走市
  • 根室市
  • 根室支庁管内
  • 釧路支庁管内
  • 網走支庁管内(紋別郡を除く)
  • 十勝支庁管内
XIV
  • 東京都のうち北緯28度から南でありかつ東経140度30分から東であり東経143度から西である区域
XV
  • 沖縄県のうち東経126度から東であり東経130度から西である区域
XVI
  • 沖縄県のうち東経126度から西である区域
XVII
  • 沖縄県のうち東経130度から東であ区域
XVIII
  • 東京都のうち北緯28度から南でありかつ東経140度30分から西である区域
XIX
  • 東京都のうち北緯28度から南でありかつ東経143度から東である区域
参考文献:『建設技術者のための実用測量学』、吉澤孝和・服部秀人共著、山海堂.


PixTOPO