■立体視の方法■
アナグリフ

アナグリフは赤(左目)と青(右目)のセロハンを張った簡単な眼鏡で立体視する方法です。別名、貧乏ステレオ。アナグリフ用の眼鏡は簡単に制作することができます。また、STEREOeyeさんのサイトではオンラインで販売もされています
インターレース
インターレースは左目と右目用の画像より、一ラインずつを交互に並べたフォーマットです。立体視するには液晶シャッター眼鏡が必要です。フォーマット上の制限により、縦方向の解像度が半分になってしまいます。このため、画像が暗く、ちらつきが多くなりがちですが、ページ・フリップ方式に比べ、高価なビデオ・カードを必要としない利点があります。
サイド・バイ・サイド(左右)
右目用と左目用の画像を横に並べて肉眼で立体視します。またの名を根性ステレオ。焦点をぼかして、画面をじっと見つめると特殊な眼鏡などの助けなしに立体画像を楽しむことができますが、実際に浮き出した絵を見えるようになるまで訓練が必要です。
ページ・フリップ

OpenGL方式の立体視を行うためにはQuad Bufferに対応したビデオ・カード(Quadro等)が必要です
液晶シャッター眼鏡を使用した立体視です。アナグリフ、インターレース方式に比べると、よりリアルで高質な立体画像を楽しむことができます。現在、何種類かの液晶シャッター眼鏡が販売されています(↓を参照)。

『Wasabi』はOpenGL(四分割バッファー)とnVidiaの二方式のページ・フリッピングをサポートしています。
ステレオ・グラフィックス
ステレオ・グラフィックス社の立体視システムであるCrystalEYES専用の画面を生成します。左右の画像が、横二倍に引き伸ばされて縦横に並べられています。
■立体視ツール■
ページ・フリップ方式、インターレース方式の画像を立体視するには液晶シャッター眼鏡が必要です。作者が実際にテストに使用し、動作確認したのは下記のものです:
この他にも、何種類かの製品が市販されています。